すまいの健康診断 耐震リフォーム 断熱リフォーム


by 100kjreform
ご近所の団地で進めていたリフォーム工事完成しました♪
e0256076_19594447.jpg
e0256076_19595969.jpg


どうです、見違えたでしょ♪
屋根と樋は取り替えて、軒天破風も塗装したので、これはまるっきり新築そっくりくん?!

外観だけではなく、断熱工事も行いましたので、室内の温度も変化があったようです。
ありがたい事に、お客様よりリポートメール頂きました。

以下の文章は、お客様に頂いたメールそのままコピーしたものです。

>近代ホーム様

>お話した結露の写真を添付します。
>2F、洋室B、南側の窓です。アルミ外枠(アルミサッシ)はそのまま
>使用して、単板ガラス(3mm)をスペーシア(6.2mm、二重真空ガラス)
>に交換しています。

>・交換前:写真1、2
>2012年2月2日、朝。
写真1
e0256076_2021533.jpg

写真2
e0256076_202286.jpg

>外気温(NHK) 0.5℃(寒い)、室温 18℃(暖房中)、湿度 56%(加湿器使用)。
>どちらも窓全体、アルミ外枠にびっちり結露しています。
>窓の下枠には、水がしたたり落ちている痕跡さえ見えます。
>加湿器を使用しなければここまでは結露しませんが、この頃
>は雨が降らず乾燥していて、湿度が20%~30%位なので、加湿器
>を使用しています。

>・交換後:写真3、4、5
>2012年3月10日、朝。
写真3
e0256076_11115511.jpg

写真4
e0256076_2025270.jpg

写真5
e0256076_20353.jpg

>外気温(NHK) 2.9℃(寒い)、室温 21℃(暖房中)、湿度 42%(加湿器使用)。
>外気温は低く、加湿器を使用しているのにもかかわらず、
>窓の上部、中部、下部の殆どの部分に結露は見当たりません(写真3)。
>窓の最下部に若干結露は見えますが、少しです(写真4、5)。
>アルミ外枠には結露が薄くあるようですが、写真では殆ど見えない
>と思います。

>結露がなくなる(大幅に少なくなる)ことは、逆にいえ(ば
>開口部(窓)の断熱性能が良くなっていることだと思います。

>エアコン(暖房)は20℃に設定していますが、スペーシア交換前
>は20℃以上に室温が上ることは殆どありませんでした。
>また、部屋の上下に温度差があるのか、足元が何か少し
>寒く感じていました。これは余り気持ちがよいものではありません。

>交換後は室温は21℃、22℃に昇ることがあり、部屋の上下の温度差
>が小さくなっているのか、足元に特に違和感はなくなり、暖房を
>止めてもある程度の期間暖かさが続いているようです。

>アルミ外枠をそのまま使用できるので、大掛かりな工事にならず、
>かなりの枚数を交換したのにかかわらず、朝9時頃から始めて
>午後3時頃には交換は終了しました。

>ガラスの厚さが3mmから6.2mmに増加したので、窓が重くなり、
>窓の開閉に支障をきたすのではないかという一抹の不安が
>ありましたが、思ったより重くはなっていないようで、交換前と
>殆ど同じような感じです。

>今回のリフォームでは全体として次のように感じています。

>・屋根通気・遮熱・葺き替え
>・屋根裏ウレタン断熱
>・外壁 通気工法+遮熱+金属サイディング(ウレタン裏打ち)
>以上で冬の部屋の温度(室温)、2~3℃の上昇に寄与している。
(毎日温度を測って、下の写真のような手書きのグラフを作成されています。)
e0256076_203317.jpg

>・主要箇所のサッシを二重真空ガラス(スペーシア)に交換
>これで、結露の殆どを消滅、部屋の上下の温度差を少なくする、
>暖房の効きをよくすることに寄与している。

>次は遮熱、断熱効果により、夏の暑さが軽減されることを
>期待しています。

>Kより

K様、ありがとうございました。
[PR]
# by 100kjreform | 2012-03-16 20:05


今回は・・・

■健康阻害要因と現代住宅の変化

  についてです。


e0256076_143549.jpg



ホルムアルデヒド
ホルムアルデヒドは、我々の身の回りでたくさん利用されています。
例えば、フェノール樹脂、ユリア樹脂、メラミン樹脂、農薬、合板類、
脱臭剤、写真用品、消毒剤、防カビ剤などです。
室内の発生源は、これらを使った各種の建築資材、事務機、家具、衣類など
多種多様な物質です。
ホルムアルデヒドの人体への直接影響は、皮膚疾患や気管支炎、喘息などがあり、
慢性影響では肺活量の減少など呼吸器系へ及んでいます。



皆さん、毎日の日常生活の中で、思い当たることも多々おありかと思います。
計画換気がいかに大切か!ということですね!
[PR]
# by 100kjreform | 2012-03-10 14:24 | お知らせ


近代ホームグループでは断熱材として
「硬質ウレタンフォーム」を使用しています。


■硬質ウレタンフォームの断熱性


硬質ウレタンフォームの熱伝導率は、
0.022kcal/mh℃以下(※1)であり、
グラスウールの熱伝導率は、
10kg/㎥で、0.045kcal/mh℃、16kg/㎥で0.039kcal/mh℃という数値であり、
グラスウールに比べて約2倍の断熱性能があります。


また硬質ウレタンフォームは、熱をもっとも通しにくいといわれている空気の熱伝導率と
ほぼ同じであり、いかに断熱性にす優れた素材であるかがわかります。

※1)熱伝導率
物体のもつ熱の伝わりやすさを表すもので、
長さ1m、面積1㎥の物体の両面の温度差が
1℃の時、1時間あたりに伝わる熱量のことを
いいます。
熱伝導率は数値の小さいものほど、断熱性が
高くなります。
(単位:kcal/mh℃)



■「ウレタン断熱パネル」の経年変化

10年居住した「FPの家」の壁をはがして検証検査を行った結果、
施工時の品質がそのまま維持され、
経年変化がほとんどみられない
ことが実証されています。


■「ウレタン断熱パネル」の気密性

硬質ウレタンフォームは、独立した極微少な気泡の
気密層からなる集合体。
密度は、35~45㎏/㎥。


■「ウレタン断熱パネル」の耐水性

硬質ウレタンは独立気泡構造のため、水分や水蒸気の入る隙間がなく、
吸湿による断熱性能の低下がほとんどありません。
JISのA9514のデータでは、その特性が吸水量3.0g/100㎝2以下、
透湿係数(厚さ25m/mあたり)0.09g/㎡・h・mmHg以下であると
表示されています。
壁体内結露が発生することはほとんどありません。
[PR]
# by 100kjreform | 2012-03-05 10:39 | お知らせ
人が快適で健康的な生活環境は。。。


夏 26~29℃ 湿度40~60%

冬 19~22℃ 湿度40~60%


カビは、55~60%以上になると発生します。

カビをエサにするダニも発生します。


かつての日本の住宅は、自然に風を通す「古民家」にみる
家づくりでした。


その後、アルミサッシュの普及などにより、
密閉された空間となり、断熱することが当たり前の
現在に至っています。


   ◆高断熱
  ◆高気密
  ◆計画換気


しかし、これらの施工はがしっかりされないと、

逆に、結露→カビ→腐朽 となり、
30年程で建て替えしなければならない家になってしまいます!


そんなことにならないように・・・

これから、家づくりをご検討の皆様ヘ・・・

大切な人の命を守る、安心・安全な家を考えてみませんか?

・・・そして・・・

現在、寒い家にお住まいの皆様へ

近代ホームグループが誇る、リノベーションの底力について、
是非、お尋ね下さいね!

劇的な”光熱費の激減”と、”全室同温度”に生まれ変わるという現実!!
是非是非、お確かめ下さいね!!


   
[PR]
# by 100kjreform | 2012-03-04 16:23 | お知らせ

お疲れ様でした!!!

リノベーション事業部の☆ムードメーカー☆

e0256076_1322497.jpg


            ★兼目さん★


6年間の近代ホームでの勤務を終えて、
ご実家(茨城県日立市)の工務店を継ぐ為に
2月27日付で退職しました。


脳天気・・・あ、いや!訂正、訂正!!
と思いきや、人間観察はなかなか鋭く、

「今日の服装は~」「髪型は~」「化粧は~」・・・
時には「顔(化粧のことだよね?ねっ?)がぐちゃぐちゃですよ?!」とかっ!!(・・;)

   なんだとぉ~~っ!!!033.gif 

   ・・・・・・・・・あ、ホントだ・・・・・・・・・・042.gif 


なんていうこともありましたが、いつも素直で正直な言動で、
心が癒されました。
(時々、ヒヤヒヤもありましたが。^^;)


これからは、経営者としての見習いの日々に入ると思いますが、
持ち前の明るさを発揮して、頑張って欲しいです。


きっと、社員の皆も同じ気持だと思います。


がんばれ~~~!!!


    ★ご活躍をお祈りしております★

         そして・・・

       ★お疲れ様でした★



機会があったら、また近代ホームにも顔を出して下さいね!
[PR]
# by 100kjreform | 2012-03-04 16:15 | つぶやき